未分類

テーブル
自動車を持つことはとても嬉しいことですが自動車は雨風にさらされますし、泥水などのはねもありますので、使っているうちに汚れが目立ってしまうものです。

大切な愛車はいつもきれいな状態を保っておきたいですし、そのためにも洗車グッズは用意しておきたいものです。

まず洗車では水を使うこととなりますので、バケツは必ず必要となります。

カーシャンプーを泡立てるためにも必要な道具ですので、必ず用意しておきたいものです。 さらにスポンジも車体を優しく洗うのに欠かせないものです。

車体を傷めないためにもできるだけ品質の良いものを選んでおきましょう。

さらに自動車をきれいに洗った後は水分をしっかり拭き取ることが大事ですので、セームも用意しておきたいものです。

セームは吸水性にも優れており、車体についた水分を取り除くのにとても役立ってくれるものです。

そして車体をきれいにしたら、室内の清掃も欠かさず行なっておきましょう。

車内も靴についた土や砂などで意外と汚れていますし、子供を乗せている場合などはお菓子の食べかすなどで汚れやすくなっています。

砂やほこりなどをきれいにするには掃除機は欠かすことができません。

掃除機は専用のものもありますが、自宅用の掃除用のものでも十分です。

 

「車を着こなす」如く、車の美観に拘る人ほど洗車という作業はまめに行われる様です。ここでは、ガソリンスタンド等で洗車をしてもらう、あるいは有料の洗車場で洗車を行うのではなく、あくまで自宅でセルフで行う洗車に特化して、あると便利な洗車グッズについて言及してみたいと思います。

 
洗車に拘る人は洗車の仕方にもまた拘りがあります。まず第一段階として、車のボディに付着した微粒子や汚れを除去することから始まります。この工程を怠ると微粒子等が原因となってボディに傷が付いてしまいます(目で確認できるできないを問わず)。この微粒子や汚れを水で弾き飛ばす工程は自宅のホースでも可能ですが、どうしてもガソリンスタンドや有料洗車場にある様な高圧洗浄機には威力の点で及びません。そこで、水道の蛇口から直接繋ぐタイプ、独立タイプ等、様々な高圧洗浄機が市販されています。

 

物は大小、容量様々で、電動タイプのみならず、空気圧搾タイプもあります。次にシャンプーですが、大抵の場合はガンメタ用、ホワイト用などボディの色で種類が分けられています。洗車に拘る人はワックス作業をほぼ例外なく行います。しかしながらそれ以外の人の中にはワックスを億劫だと考える人も少なくありません。そういう場合は、ワックス効果も兼ねた洗剤を使います。そしてシャンプー後の洗い流しも高圧洗浄機を使うと便利でしょう。仕上げは拭き取り作業ですが、専用のグッズを使うにしても普通のタオルを使うにしても吸水力が高いものを選ぶのがいいでしょう。この拭き取り作業ですが、工程の中でも取り分け重要な作業です。この拭き取り作業を怠ると、ボディに水滴等が残り水垢の原因になるからです。

 

 

 

ダイニング01
愛車を長く使用し続けるためには、故障などを未然に防ぐための定期的な点検が欠かせません。消耗品や不具合などをチェックして、適切に部品の交換や補充を行うことで、機械的な負担を減らし、寿命を伸ばすことができます。

 
こうした機械的なメンテナンスの他に、愛車を長く乗るためには、車を綺麗に保つことも重要となります。ボディなどの汚れをそのまま放置しておくと、錆や、塗装の劣化に繋がることもあり、洗車しても取れないようなくすみが発生してしまいます。また、紫外線などによっても劣化は進むので、こうした紫外線に有効なワックスなどでボディを保護するのも効果的です。

 
こうした洗車には、様々な道具を使用しますが、ボディは、塗装面の保護からも、スポンジなどの柔らかいもので洗う必要があります。また、事前に流水で綺麗に汚れを落とすことで、細かい砂やゴミなどでボディを傷つけるのを防ぐことができます。

 
タイヤやホイール、また車両の下回りなどは、路面からのホコリや塵など、とれにくい汚れが多く、また、ブレーキダストなども付着しているため、柔らかいスポンジより、ブラシなどでしっかりと擦る必要があります。洗車用には様々な大きさや、毛の硬さのものがありますので、用途に合わせて数種類を使い分けると効果的です。

 

 

 

ソファーとテーブル

 

ピカピカに磨いた車を運転するのは気持ちの良いものです。しかし、ボディをピカピカにしておきながら、足元のお手入れを忘れるとびしっと決まりませんよね。まるで高級スーツに身を包みながら、長靴を履いているようなものです。そこでボディを洗車したら、足元もきれいに磨いてあげましょう。まずはタイヤの掃除ですが、タイヤは土や雨などによってすぐに汚れてしまいます。しかしゴムというのは、たわしでごしごし擦っても、あまりきれいになりません。タイヤ磨きには専用のタイヤワックスを使います。タイヤワックスをひと吹きすると、みるみるうちに汚れがとれて、そのあとワックス効果でピカピカに輝きますよ。

 
タイヤ磨きの後は、アルミホイールもきれいに磨いてあげます。この部分は真っ黒でどろっとした汚れがこびりついていますよね。これは泥や埃だけでなく、ブレーキダストと呼ばれる、ブレーキを踏んだときに出る金属のカスが付着しているのです。そして、このブレーキダストの上にホコリや泥などの汚れが重なってダブルで汚れてしまうのです。このブレーキダストを除去するには、やはり専用のクリーナーがおすすめです。スプレー式なっているので、手を汚すことなくきれいにすることができますよ。

 

 

 

ソファー
自動車はだれでもおしゃれにかっこうよく乗りたいものです。
おしゃれかかっこいい車に仕上げるにはどうすればよいか、まず基本的には足回りに個性を出すことです。
足回りをきれいにすることで見栄えが大きくかわってくるのです。
例えばアルミホイールに交換することでほかの車とは違った個性を出すといった方法です。それが車のおしゃれやかっこよさにつなげることができます。

 
そして常にきれいにしておくことがポイントになります。
特にタイヤをきれいにしておくと車が引き締まって見えるのです。
例えば専用のワックスや光沢剤などがあります。このようなケミカル用品の使用することで一段ときれいにすることができます。
これらの使用方法はまずきれいに洗い流してから使用します。汚れたまま塗ってもあまり綺麗にはなりません。

 

また意外とみんなが見逃しているところはフェンダーの中です。このフェンダーの中はとても汚れているのです。
横から見ると結構しろっぽく汚れが見えるものです。そのためこのフェンダーのなかもよく洗います。
そしてスプレー式のワックスや光沢剤をフェンダー内にかけると意外やとても引き締まって見えるのです。
このように足回りをきれいにするととてもおしゃれに見えます。

 

 

 

よく、おしゃれは足元からと言いますが、これは車も同様です。足回りをおしゃれにすると、車の見栄えが俄然変わってきます。車の足元のおしゃれといえば、アルミホイールに履き替えることですが、車によって合うスタイルと合わないスタイルがあるのでその車に合ったアルミホイールを注意深く選びたいところです。

 
また、せっかくアルミホールで足回りをおしゃれにしても、タイヤやアルミホイールが泥だらけでは台無しです。タイヤは車の中でも一番汚れる部分ですから、いつもきれいに掃除してあげると良いでしょう。ただ、タイヤはたわしで磨いても、なかなか汚れが落ちません。そこでおすすめなのは、タイヤワックスです。スプレーで吹きかけると、タイヤの汚れは落ち、さらにワックス効果があるのでピカピカになります。

 
次にアルミホイールの汚れも、ホイールクリーナーを使って落としましょう。アルミの形状により、掃除しにくいときがありますが、丁寧に吹き上げると、見違えるように輝きを取り戻すことができます。さらに、アルミホイールはブレーキもよく見えてしまうので、パッドをカラーのあるものに変えたり、ブレーキカスなどの汚れなども、ブレーキクリーナーなどで時々取り除くと良いでしょう。

 

 

 

ここでは特に窓ガラスに使われる撥水グッズについて言及してみたいと思います。

 

巷で市販されている撥水グッズは実に様々なものがあります。塗るタイプ、スプレータイプなどからシャンプーに撥水成分が含まれたもの、拭き取るタオルに撥水成分が含まれたものなど様々です。効果については、どれも一定の水準あるいはそれ以上に達していると言えます。

 

成分としては大きくフッ素含有のものとシリコン含有のものに分けられており、撥水力ならばシリコン、耐久性ならばフッ素と言われています。加えてその両方が配合された製品もあります。多くある撥水グッズの中でも、撥水剤は元より、それに見合った専用のワイパーゴムも併売している例があります。こちらも効果の程については、「見違える」様で、評判は上々です。

撥水については、窓ガラスもさることながらボディに対しても重要です。特に雨水にさらされたり、洗車時の拭き取り作業を怠ったことによる水垢が懸念されています。ですから窓ガラスに使われる撥水グッズ同様、様々なタイプの製品が市販されています。中にはワックスに撥水成分が含まれた製品も市販されています。

 
撥水グッズの最も大きい目的は雨中での運転における視界を良くすることですが、ひとつ忘れてはならないのは撥水グッズに頼り過ぎないことです。やはり雨中の運転で視界が悪くなったら、車から降りて乾いたタオルで窓、サイドミラーを拭くというのが基本と言えます。

雨の日の視界の悪さは事故にも繋がる恐れがあります。フロントガラスが埃や油膜で汚れている場合は更に危険度も増しますので、きちんと手入れしておく必要があります。

 

雨をはじく効果としておすすめなのが、専用コート剤の使用です。
撥水タイプと親水タイプがあり、どちらが良いのか迷ってしまいますね。
それぞれ特徴が違うので、好みの問題もあるかと思いますが、おおむねフロントガラスには撥水タイプが好まれるようです。

 

撥水タイプは文字通り、ガラスに付いた水分を弾く効果があります。雨の日の運転なら、運転時の風圧でフロントガラスについた雨がぽろぽろと弾かれます。しかし風の当たりが少ないサイドガラスなどは、水が弾かれても流されることがないため、水分がガラス上にとどまってしまう事も。また霧状の雨の時は水分が流れずに白く曇ったようになる事があります。
親水タイプは水分を弾かずに、ガラス面に水の膜を張るような感じで馴染ませるのですが、撥水タイプに比べて効果の持続が短いなど、それぞれに良し悪しがあります。

 

販売されているコート剤も、殆どが撥水タイプではありますが、それぞれの特徴を生かして撥水・親水と分けるのもお勧めです。風の当たるフロントには撥水タイプ。水滴がとどまり易いサイドには親水タイプと、使い分けても良いですね。
いずれにしても、安全確保の意味でもこまめな手入れを心がけることが大切です。

 

 

車のフロントガラスやリアガラスなどが汚れてくると、視界が急激に悪くなり、非常に危険です。いつもクリアな状態にしておくことが、安全運転にはかかせません。フロントガラスやリアガラスをクリアな状態に保つためにも、もし汚れていたら運転する前に雑巾でさっとガラスを拭くことが大切です。

 

運転中に汚れてきた場合は、ウォッシャー液を利用してきれいにします。ちなみにこのウォッシャー液というのは単なる水ではなく、洗剤成分や撥水剤成分などが含まれていて、フロントガラスやリアガラスを美しくキープできるように工夫がされています。また、濃度を濃くすることによって寒冷地でも凍らないようになっています。液がなくなると、ガラスの汚れを取り除くことができなくなるので、切れる前に補充することを心がけることが大切です。
また、ワイパーの性能が落ちてくると、雨をきれいに拭き取ることが困難になります。本来ワイパーをかけると、スパッと水滴を拭き取ることができます。しかし、雫が線をなして残るような場合は、ワイパーゴムが劣化している可能性があります。至急交換することをオススメします。さらに、いつのまにかフロントガラスには油膜がつき、夜などぎらぎら光るようになってきます。これも前が見えにくくなる原因ですので、油膜落としを使って、きれいに油膜を除去するようにしましょう。