道具を揃えると洗車は簡単

「車を着こなす」如く、車の美観に拘る人ほど洗車という作業はまめに行われる様です。ここでは、ガソリンスタンド等で洗車をしてもらう、あるいは有料の洗車場で洗車を行うのではなく、あくまで自宅でセルフで行う洗車に特化して、あると便利な洗車グッズについて言及してみたいと思います。

 
洗車に拘る人は洗車の仕方にもまた拘りがあります。まず第一段階として、車のボディに付着した微粒子や汚れを除去することから始まります。この工程を怠ると微粒子等が原因となってボディに傷が付いてしまいます(目で確認できるできないを問わず)。この微粒子や汚れを水で弾き飛ばす工程は自宅のホースでも可能ですが、どうしてもガソリンスタンドや有料洗車場にある様な高圧洗浄機には威力の点で及びません。そこで、水道の蛇口から直接繋ぐタイプ、独立タイプ等、様々な高圧洗浄機が市販されています。

 

物は大小、容量様々で、電動タイプのみならず、空気圧搾タイプもあります。次にシャンプーですが、大抵の場合はガンメタ用、ホワイト用などボディの色で種類が分けられています。洗車に拘る人はワックス作業をほぼ例外なく行います。しかしながらそれ以外の人の中にはワックスを億劫だと考える人も少なくありません。そういう場合は、ワックス効果も兼ねた洗剤を使います。そしてシャンプー後の洗い流しも高圧洗浄機を使うと便利でしょう。仕上げは拭き取り作業ですが、専用のグッズを使うにしても普通のタオルを使うにしても吸水力が高いものを選ぶのがいいでしょう。この拭き取り作業ですが、工程の中でも取り分け重要な作業です。この拭き取り作業を怠ると、ボディに水滴等が残り水垢の原因になるからです。