視界が良ければ雨の日も安心

雨の日の視界の悪さは事故にも繋がる恐れがあります。フロントガラスが埃や油膜で汚れている場合は更に危険度も増しますので、きちんと手入れしておく必要があります。

 

雨をはじく効果としておすすめなのが、専用コート剤の使用です。
撥水タイプと親水タイプがあり、どちらが良いのか迷ってしまいますね。
それぞれ特徴が違うので、好みの問題もあるかと思いますが、おおむねフロントガラスには撥水タイプが好まれるようです。

 

撥水タイプは文字通り、ガラスに付いた水分を弾く効果があります。雨の日の運転なら、運転時の風圧でフロントガラスについた雨がぽろぽろと弾かれます。しかし風の当たりが少ないサイドガラスなどは、水が弾かれても流されることがないため、水分がガラス上にとどまってしまう事も。また霧状の雨の時は水分が流れずに白く曇ったようになる事があります。
親水タイプは水分を弾かずに、ガラス面に水の膜を張るような感じで馴染ませるのですが、撥水タイプに比べて効果の持続が短いなど、それぞれに良し悪しがあります。

 

販売されているコート剤も、殆どが撥水タイプではありますが、それぞれの特徴を生かして撥水・親水と分けるのもお勧めです。風の当たるフロントには撥水タイプ。水滴がとどまり易いサイドには親水タイプと、使い分けても良いですね。
いずれにしても、安全確保の意味でもこまめな手入れを心がけることが大切です。